二号線

理系学生によるゆるーいブログ

ヨーロッパ文化遺産の日

 こんにちは。だーにゃです。
 パリに来てからおよそ二週間になる私も大学の講義が始まり、忙しい日々を送っております。大学の話は今度まとめて書けたらと思います。

 さて、今回はタイトルにもあります、ヨーロッパ文化遺産の日について紹介します。
かくいう私もパリにきて同じ留学生の方から聞くまでその存在を知りませんでした (汗)。簡単に説明しますと、「ヨーロッパ文化遺産の日は欧州委員会欧州評議会の合同イベントであり、毎年9月の第三週の週末に開催されます。普段お金を払わないといけない美術館が無料になったり、普段は入れない施設に入ることができたりする日のこと。」だそうです。

 そうとわかればこんなチャンス逃すわけにはいかない!と思い、出かけることにしました。美術館は普段は入れますし、学生証があれば大体無料になるので今回はスルーしました (筆者の学生証は大学から未だ発行されておりませんが...)。
ネットで調べてみると、大統領官邸であるエリゼ宮殿が大人気とのこと。なんでも数時間待ちとか。書類手続きで3時間半待たされた私も、さすがに日光の下で数時間も待てないので、初心者むけであろう他の施設に向かうことにしました。

 さてやってきたのは先日もきたリュクサンブール公園リュクサンブール公園にはフランス元老院議事堂であるリュクサンブール宮殿があります。普段は銃をもった警官が警備していては入れないのですが、この日は違います。行ってみると長蛇の列。しかし、回転率は良いのか1時間待たずに入ることができました。入場前には手荷物検査を受け、空港にあるような金属探知ゲートを通り、さすがの警備体制でした。

f:id:pexw2u2y:20180919170544j:plain

↑宮殿の外側から

f:id:pexw2u2y:20180919170632j:plain

↑執務室でしょうか?

f:id:pexw2u2y:20180919170829j:plain

↑一面黄金の部屋!豪華絢爛ですねー

f:id:pexw2u2y:20180919171027j:plain

↑会議場

f:id:pexw2u2y:20180919171342j:plain

↑ファンタジー系の作品で出てきそう(小並感)

 宮殿内の装飾も非常に凝っており、とても豪華でした。これが西洋様式…!圧巻です。

 続いてはフランス国会議事堂であるブルボン宮殿に行きました。こちらも多くの人が並んでいました。

f:id:pexw2u2y:20180919172736j:plain

↑ブルボン宮殿中庭から。一部補修中の模様

 

f:id:pexw2u2y:20180919173207j:plain

↑さる芸術家による「人権の球」という作品。フランス革命200年のモニュメントだそう

f:id:pexw2u2y:20180919173831j:plain

↑会議場

f:id:pexw2u2y:20180919173927j:plain

↑黄金の部屋。きらびやか~

 ブルボン宮殿もかなりの歴史があるらしく、ほぼ300年前の建物が使われていることに驚きました。さすがに、補修等の工事はしているようですが、この歴史ある建物を長く受け継いでいってほしいと思います。

 ほかにも在仏フィンランド大使館にも行きましたがそちらは写真がないので文章のみになりますが、パリの豪華さとは異なり、北欧のスタイリッシュなカッコよさがありました。こんな機会でもなければ外国にある別の外国の大使館なんて入ることありませんし、不思議な感じでした。

 というわけで、今回はヨーロッパ文化遺産の日の紹介と観光についてでした。もし、このシーズンにヨーロッパに行く人この機会を狙ってみるのもいいんじゃないでしょうか。
それでは今日はこのへんで。

 

パリで日本を感じる

ふるさとの 訛なつかし 停車場の
人ごみの中に そを訊きにゆく

石川啄木

 

こんにちは。だーにゃです。
その昔、このような俳句を詠んだ方がおられました。
故郷が恋しくなった折、その土地の言葉を聞きたくなる気持ちわかります (筆者は日本を離れてまだ一週間ですが)。

実はなんと日本から遠く離れたフランスのパリでも日本語を駅で聞くことができるそうです!

実際に私もすでに何度か聞いたのですが、パリ市内を電車(RER:エールウーエール)が停まる駅でフランス語とともに日本語のアナウンスが流れていました!
ただし、あまりうれしいものではなく、スリの注意喚起のアナウンス。
なんでもシャルルドゴール空港からパリ市内へ入るRERでは特にスリが多く、日本人の被害が後を絶たないため、日本語の注意喚起が導入されたんだとか…

 

それはさておき、きちんと日本語を聞ける場所もあります!
それはなんとラーメン屋!
ラーメンは日本人の心!ということで、パリの一風堂へ行ってきました。

f:id:pexw2u2y:20180911030827j:plain

↑思っていたよりシンプルないでたち

 

入ってみると、「いらっしゃいませー」の声。他にも、「何番、ラーメン、カタで」とか日本のラーメン屋さんで聞く声がどんどん聞こえてきます。メニュー等見ても日本とあまり変わらない気がする…。違ったところといえば、水は机の上のボトルからセルフで注ぐこと (最初空のグラスが出てきました)。
あたりを見回してみると、結構コーラとかジュースと一緒にラーメンを食べてる人が多かったです。日本ではラーメンといえば水!みたいに思っていたので、ちょっと新鮮でした。

f:id:pexw2u2y:20180911031447j:plain

↑Shiromaru tamagoを食べました。日本で一風堂へ行かないので比較はできませんが…

 

このあたりには無印良品ユニクロもあり、ちょっと持ってき忘れた日本製品とかを買いに行きやすいかもしれません。流石に日本で買うよりすこし割高ですが、あると非常に心強く感じます。

日本が恋しくなったら、また来てみるのもよいかもしれません。

それでは今日はこのへんで。

フランスな日々(1)

こんにちは。だーにゃです。

今回はパリ市民にとって憩いの場、リュクサンブール公園を訪れてみました。

f:id:pexw2u2y:20180909220600j:plain

リュクサンブール公園入口

 

とても大きな公園で、なんと東京ドーム5個分!らしい、、、

土曜日ということもあって、カップル、友達や夫婦、一人身などなど様々な人たちがいました。

公園内には多くのベンチがあり、本を読む人たち、ピクニックなど各々楽しんでいました。

私はというと、屋台で買ったホットドックとオランジーナで軽いランチをしながらのんびりとフランス語の勉強をしました (筆者はフランス語初心者です)。

 

ふだん日本にいると、いざ休みの日は何しようか…となることもありますが、休みの日は公園でのんびり!というパリのスタイルはとてもよいかもしれません。子ども時代に家族で公園に出かけたことを思い出したりしました。

 

f:id:pexw2u2y:20180909221822j:plain

↑見えづらいですが、池に舟が浮いてます。昔テレビかなにかで見た、子どもたちが棒で押して遊ぶタイプの舟です。

 

パリに来て驚いたのが、日本以上に公園で走っている人、運動している人が多いです。みんな健康志向なのでしょうか。

また、日本だとわりと日焼けを嫌いますが、パリでは公園で体を日焼けさせている人もちらほらいました。

 

f:id:pexw2u2y:20180909222050j:plain

↑整然と立ち並ぶ木々。こういうのとても好きです。新宿御苑を思い出します。

 

今は手続きに追われていますが大学は来週からなので、多少の余裕はあり有意義な休日を過ごせました。このあと著者は買い物に向かうのですが、それはまた別の話。

 

f:id:pexw2u2y:20180909222220j:plain

↑お気に入りの一枚。公園の優美さと空の広がりがマッチしているように思います (自己満足)。

 

天気の良い休日には公園でぼーっとしてみるのも良いのではないでしょうか。

それでは、今日のところはこのへんで。

 

 

 

はじめに

こんにちは。だーにゃです。

約5か月間のフランスはパリへの留学に際して雑記のようなブログを作ることにしました。文章力向上も兼ねて、ゆっくりではありますが、更新していけたらと思います。

稚拙な文章ではありますが、お付き合いいただけると幸いです。