二号線

二号線

理系新米社会人によるゆるーいブログ

青い地球着(ちきゅうぎ)

こんにちは。だーにゃです。

今回はデニム(ジーンズ)のお話です。皆さんは日本のジーンズ発祥の地はご存知ですか?ジーンズといえばアメリカのゴールドラッシュ時に鉱夫の作業着として広まりました。日本では戦後に輸入販売によって広まりましたが、国産ジーンズは岡山県の児島にあるメーカーが作りました。

私も岡山出身ということもあり、ジーンズには少なからず愛着があります。とは言っても岡山県北部出身の私は大学に入って南部に住み始めてから岡山県児島がジーンズで有名ということを知りましたが(笑)。

エドウィン、リーバイス、ビッグジョンなどいろいろなブランドがありますが、僕が愛用しているのが、「EVERY DENIM (エブリデニム)」というブランドのジーンズです!

www.everydenim.com

エブリデニムは店舗を持たない販売方法で、瀬戸内のジーンズ工場と組んで、作り手の思いが伝わるようなデニムの販売をしています。私も現在、2製品を愛用しています。

さらに今回、クラウドファンディングで販売していたナイロンデニムシャツ「Pride」を購入し、そのシャツがついに手元に届きました!

f:id:pexw2u2y:20190714173748j:plain
↑届いたナイロンデニムシャツのブルー(左)とインディゴ(右)

こちらの製品、ナイロン生地のため速乾性で3時間くらいで乾きます。またストレッチ性も高いため、着ていてとても過ごしやすいです!長袖なのでこの時期は暑くて着れませんが…(笑)。早く涼しくなって羽織って町に繰り出したいです!

本製品の生地メーカーは岡山県倉敷市の「ショーワ」さんで、出身県の企業ということもあり、誇らしくうれしい気持ちです。

そんな地元の、現場の愛にあふれた製品を送り出しているEVERY DENIMですが、現在、新たな挑戦に取り組んでいます。

readyfor.jp

それは岡山県児島に拠点、DENIM HOSTEL float(デニムホステル フロート)を作ることです!今までのアパレルとは異なる新たな挑戦としてこれからも目が離せません!これからも微力ながら応援していきたいと思います。

それでは今日はこの辺で。