二号線

二号線

理系新米社会人によるゆるーいブログ

フランス旅行記 ~ミュールーズ編~

こんにちは。だーにゃです。今回はアルザス旅行記最終章、ミュールーズ編になります。

前回の記事はこちら。

 

nigousenn.hatenablog.com

さて、コルマールを出発した私は宿をとっているミュールーズ(Mulhouse)に向かいます。ミュールーズは観光産業の強いストラスブールコルマールと異なり、ミュールーズは工業都市であるため、クリスマスシーズンでも比較的安く宿を取ることができます。観光としては自動者や電車の博物館があるため、乗り物好きの人にはオススメです(駅からは少し遠いですが)。

TERで揺られることおよそ30分、ミュールーズに到着です。駅を出て中心街を通ってホテルへと向かっていると、工業都市と侮ることなかれ、イルミネーションに包まれた煌びやかなマーケットが広がっていました!ミュールーズのクリスマスマーケットは光のクリスマスマーケットとも呼ばれ、それはすばらしいイルミネーションが広がっています。

f:id:pexw2u2y:20190321145045j:plain
↑ミュールーズの大通り

f:id:pexw2u2y:20190321155131j:plain
↑だまし絵風の壁になっている市庁舎。実際は平坦ですが凹凸があるように見えます

 

 教会の前がメインなのですが、教会のライトアップに加え、なんと大きな観覧車が!スケールがデカい!

f:id:pexw2u2y:20190321155348j:plain
↑教会の前に観覧車というレアな光景

マーケットではホットワインの白とホットオレンジジュースを飲みました。なかなかめずらしいホットオレンジジュースですが、温めたオレンジジュースにはちみつを入れるので、とにかく甘い!!甘党の私でも少々きつめの甘さでした(笑)。

f:id:pexw2u2y:20190321155648j:plain
↑ホットオレンジジュース

他にはフランス名物のカリッソン(Calisson)を買ってみたり。日本でいうところのマジパンの一種です。あのクリスマスケーキとかに乗っているデコレーションのやつみたいな。普通のカリッソンは右上のような葉っぱ型ですが、イチゴやバナナといったフルーツを模したものも売られていました!これがなかなかの出来具合いで、パッと見お菓子とは思えませんでした。

f:id:pexw2u2y:20190321155928j:plain
↑いろんなカリッソン

 

コルマールが高くてたまたま宿をとったミュールーズでしたが、とても良いクリスマスマーケットでした。ストラスブールコルマール方面で安い宿を取れなかった人はミュールーズに泊まるのをお勧めします。

 

~おまけ~

コルマールが居心地よかったため、三日目はコルマールに戻り、ストラスブールを経由してパリへと戻りました。簡単に写真を紹介したいと思います。

f:id:pexw2u2y:20190321161030j:plain
ハウルの動く城にも出てきていたお家 (コルマールにて)

f:id:pexw2u2y:20190321161146j:plain
ストラスブールにて

 

今回は三回に渡ってアルザス旅行記の紹介でした。この地方はクリスマスマーケットが有名なため、このシーズンの盛り上がりは凄く、一見の価値があると思いました。

それでは今日はこのへんで。