二号線

二号線

理系学生によるゆるーいブログ

男子週末旅行 (3) エトルタ編

 こんにちは。だーにゃです。
 今回も引き続き旅行記になります。今回はエトルタ!怪盗ルパンの登場する作品、『奇巌城』の舞台として有名な土地だそうです。

 

f:id:pexw2u2y:20181003045025j:plain
↑綺麗な海!

 

f:id:pexw2u2y:20181006060335j:plain
↑丘の上から

 

 場所としてはル・アーブルからバスで一時間程度です。たしか5€くらいだったかと。エトルタも町としてはコンパクトなので比較的簡単に回ることができます。

f:id:pexw2u2y:20181013063158j:plain
↑お昼は昨日オンフルールで買ったシードルとホテルで作ったサンドイッチで

 

f:id:pexw2u2y:20181013063509j:plain
↑観光地の水鳥はサービス精神旺盛!?

 

 海岸散策後は怪盗ルパンの家を再現したルパンの家に行ってみました。日本でもルパンは有名ですが(主に三世の方かも?)、フランスではLupinと書いてリュパンと読みます。なんでも日本人には発音しづらいので翻訳の段階でルパンになったとか。

f:id:pexw2u2y:20181013063800j:plain
↑シルクハットにマント、モノクルといえばザ怪盗のイメージ!

 

 受付では音声ガイドを借りられます。もちろん日本語版などないので英語版を選択。物語テイストだったのですが、なんとなくしかわからず。勉強せねば…

f:id:pexw2u2y:20181013064304j:plain
↑こんな感じで部屋を再現しています。

f:id:pexw2u2y:20181013064651j:plain
↑暗号解読しているところ

 

 出口にはお土産物屋があり、ルパングッズが置いてあります。なんと、日本人が書いた怪盗ルパンのコミカライズ版の仏語訳版が置いてありました!店員曰く、その作家は3回も訪れたのだとか。いやー、作家の鑑ですね!ロケハンはめちゃ大切、ホント。

 また、フランス北西部はガレット発祥の地だとか。ガレットとは簡単に言えばクレープの蕎麦粉版のことです。せっかくなのでおやつにガレットとクレープをいただきました。さすが人気店、とてもおいしかったです。ところで、出先でもGoogleマップで店を調べられ、評価もわかるというのは旅行をするうえでとても助かりますね。便利な時代になったもんだ。

f:id:pexw2u2y:20181013065155j:plain
↑こちらはクレープ。たぶんカロリーオーバー

 

 そんな感じで二日間の旅は終わりました。個人的には人も少なく、きれいにまとまったフランスの田舎町の方が過ごしやすいですね(笑)

 お金と時間の許す範囲でまた旅行に行ってみたいなーと思いました。

 それでは今日はこのへんで。